クレジットカードの基本機能と仕組み

###Site Name###

クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能の2つがあります。
ショッピング機能とは商品購入代金やサービス代金等の支払いに利用できる機能で、クレジットカードの基本機能です。



対してキャッシング機能とはお金を借りることができる機能で、クレジットカードのサブ機能です。



利用目的というよりは念のために付帯させておくことが多いようです。無制限に利用できるわけではなく、決められた利用限度額の範囲で利用できます。


例えば利用限度額が30万円なら、30万円の範囲でクレジットカードの機能が使えます。

ショッピング枠とキャッシング枠に分かれていますが、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれています。
ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円の場合、30万円のうち10万円がキャッシングに利用できるという仕組みです。

ただしショッピング枠で30万円いっぱいまで利用すればキャッシング枠は利用できません。

キャッシング機能はあくまでも万が一の備えとして考えておきましょう。

本格的に借入れの利用を検討しているのなら、消費者金融や銀行などでキャッシングカードやカードローン契約をした方がいいかもしれません。

利用限度額が足りない場合は他のクレジットカードの契約を考える方もいますが、正しく利用していけば利用限度額をアップしてもらうこともできるので、何枚も作るより1枚のカードで限度額を上げてもらう方がおすすめです。