クレジットカードでお金を払うまで

###Site Name###

クレジットカードは支払う代金の立て替えができるカードですが、では実際にお金を払うまでの流れを確認しておきましょう。

クレジットカードには締日があります。

前回の締日から今回の締日までの利用金額を、翌月の支払い日に支払う仕組みです。


目安として、利用してから30日~50日後に実際の支払いが行われます。

例えば締日が月末で支払日が25日のクレジットカードだと、1日から月末までの利用金額を翌月の25日に支払うことになります。



料金の支払いは原則口座引き落としです。
支払いは一括払い、分割払い、リボルビング払いから選択できます。



一括払いは支払日に利用金額を一度で支払うこと、分割払いは利用金額を回数を決めて払うこと、リボ払いは一定の金額で払っていくことです。
利用金額によって一括で支払えないなら分割払いかリボ払いを選択しますが、できるだけ一括払いをするのがおすすめです。


一括払いは手数料がかかりませんが、分割払いやリボ払いは支払いの度に手数料が発生するため、総合的にみれば支払額が大きくなってしまいます。

支払総額の点からみると一括払いが無理なら分割払い、分割払いが無理ならリボ払いで選ぶのがいいでしょう。

クレジットカードは便利ですが、つい使いすぎて支払いができなくなる可能性もあるので、利用金額を把握して支払いできるかどうかを確認しながら使っていってください。



正しく利用できれば日々の生活が楽になり、またお得な支払いをすることもできます。